バースプロジェクトは、札幌で生まれたママと赤ちゃんに「おめでとう」の気持ちを込めて、ママと赤ちゃんを応援するアイディアがいっぱい詰まったベイビーカレンダーを贈るプロジェクトです。

小さな赤ちゃんがいるママは、日頃はなかなか外出することはできません。それに、家の中で困っているママや赤ちゃんに地域の人々が気付いてあげることも地域の繋がりの薄れた現在ではなかなか難しくなっています。
地域の人たちが子育てを手助けするためには、ママに子育て支援情報を知ってもらうこと、そしてママ自身からSOSを発信してもらい、行動してもらうことが大切だと私たちは考えました。
まずは、札幌のみんなから「赤ちゃんのお誕生、おめでとう!」「大丈夫、札幌のみんなが子育てを応援しますよ」という、歓迎と支援のメッセージを届けてはどうでしょうか。 「おめでとう」「ありがとう」と思いあう関係から、「助けてもらおうかな」と思う勇気がママたちに芽生えるかもしれません。

ママや子育て支援団体だけではありません。行政、協賛団体、配布先の産婦人科医院、プレゼント制作関係者全員が、そんな「おめでとう」や「ありがとう」をきっかけに人々が支え合う地域を創造することをバースプロジェクトは目指していきます。

髭は、男性ホルモンの影響を強く受けます。お悩みの男性は多いです。脱毛をしたいとお考えの方も中にはいることでしょう。

本格的にメンズ脱毛をしようとして、エステやクリニック、脱毛器を使用するとなるとお金がかかりますし、かといってシェーバーや毛抜きでは、また新しい毛が生えてきて全然効果が表れないですよね。

お手軽に、かつ、毛を確かに取り除きたいというワガママを叶えてくれる方法が、脱毛クリームを使うことです。 一般的には、ショップやサイトなどで脱毛クリームや除毛クリームといった2種類の名称があります。紛らわしいかもしれませんが、実はどちらも効き目としては同じなのです。

こうした脱毛・除毛クリームですが、チオグリコール酸カルシウムと呼ばれるアルカリ性の成分で、肌表面にある毛を溶かすことで取り除きます。脱毛・除毛クリームの中には水酸化カルシウムなどといったアルカリ剤を配合して、チオグリコール酸カルシウムがより強く働くようにしているものもあります。

脱毛クリームを塗ることで、肌表面のむだ毛を溶かしてなくすため、ごっそりと生えていた剛毛がなくなって、肌がつるつるになるなどの効果が期待できます。しかし、効果が及ぶのは表面だけです。実際には毛根にはクリームの成分が作用しないため、脱毛という名前が入っていても、脱毛ではなく除毛であるという認識が強いです。

では、シェーバーなどを使って剃る除毛との違いは何でしょうか。脱毛・除毛クリームの場合、タンパク質を溶かすため、次に毛が生えてくるまでの時間が長くなり、除毛としての効果が期待できます。

ですが、毛だけではなく肌にもタンパク質はあります。なので、ヒリヒリとしたりして、肌トラブルが起きてしまう可能性もあります。 また、身体の表面に生え出ているむだ毛の割合は20%程度、多くても30%程度です。レーザー照射などはむだ毛の毛乳頭に効果が及び、脱毛の期待ができますが、クリームの場合は溶かすだけですので、実際には除毛しただけです。また新たなむだ毛が生えてきます。

実際に、脱毛クリームの持続時間は3日から5日程度です。 自宅で簡単に行える、お金もかからない、剃るよりも効果が長い、手軽である、これらが脱毛クリームの良さになります。ですが、長期的に見ると脱毛の効果はないため、脱毛を目指している場合には根本的な解決になりません。

だからやっぱりヒゲ脱毛に行くのが一番おすすめです。私は長野市内で髭脱もができるクリニックを探してるんですが、このサイト(※ヒゲ脱毛長野)で紹介されているクリニックだと意外と安いので無理せず通えそう!永久脱毛するのが手っ取り早いですよね。

現在二十代後半の男です。私は中学生の頃から自分自身の体毛の処理に悩んでいます。一般的な男性は、中学生前後で二次性徴を迎えるとされ、同時に体毛にも変化が訪れます。私もその時期に変化がありました。

しかし、他の友達よりも何倍も体毛が濃く生えてきてしまったことで悩んでいました。体毛が濃いことで、友達からからかわれることもあったので、それを機に自己処理をするようになりました。ヒゲはもちろん毎朝起きてから処理はするのですが、夜遅くなるともう生えてきてしまうので1日に2回は剃る日もありました。

だから、少しでも生えてこないようにと、授業中に1本1本ヒゲを抜いていました。腕にも指にもゴワゴワした体毛が生えてくるので、夏場の暑い時期には、汗をかきながらも長袖を着たりしていました。制服の関係で半袖を着る必要がある場合は、毎日露出する部分の剛毛を剃ったりしていました。

眉毛も人一倍濃く、目立つのが嫌で誰よりも整えていました。さすがに剃りすぎて眉毛が無くなったりして、生活指導の先生から注意をされたこともあります。

毎日毎日体毛のことで悩み、いくら処理しても処理しきれないことでイライラします。腕などの箇所は毎日するわけではないので、1度処理した後、伸びるまで忘れてしまうことも多々あります。

伸びる日数も場所によってバラバラなので、処理すること自体がストレスに感じます。どうせなら全て脱毛したいぐらいなのですが、お金も自己処理するよりもかかってしまうので、チャレンジできません。

現在は、ヒゲ以外のところの体毛の濃さは、ある程度仕様がないものだと諦めてしまった部分があります。なぜなら一向に薄くなったりすることはないからです。どちらにせよ、1番気になるヒゲは毎日剃っても全然改善せることはなく、むしろ日々濃くなっている気さえします。

日本人は体毛が薄い人が多く、一般的な風潮でも毛深い男性は毛嫌いされるイメージがあります。欧米のように胸毛などが生えている男性が男らしくてかっこいい、というようなイメージがあったり、ヒゲを生やして整えた状態でも仕事ができる環境があれば、もう少し体毛での悩みは軽減されるのかなと思います。

そんな悩み続ける自分が嫌なので、ヒゲ脱毛に通ってみることにしました。最近流行ってるらしいので、恥ずかしくもありません!もっと早く行けばよかったなあ、と思います。<※参考サイト:ひげレーザー脱毛

我が家は共働きで年収400万円ほどしかありません。住居は市営住宅に住んでいるので賃料は知れていますが、一番家計で負担になるのは教育費です。

現在子供は中学3年と1年の2人です。上の子は来年受験なのでこの春から進学塾へ行かせています。週1しか行っておらず、費用の割に役に立っているのかは謎です。しかし夏休みや冬休みに受験対策講座を受けたいと言い出したら困ります。またなんとしてでも公立の高校に行ってもらわないと困るので、十分に言い聞かせているところです。

私の主人の会社の業績は思わしくないので、昇級は全く期待できません。かと言って私のパートを増やしても、月に1万円ほどしか増えないので焼け石に水状態です。もちろん学資保険などは加入しておらず、2人とも高校生に進学してからが大変不安です。

それに最近話題となっているのが、奨学金をもらった方が返済不能に陥り、破産者となるケースが増えているニュースです。子供には奨学金をもらって大学進学してもらおうと考えていましたが、もし大学を卒業して就職できなかった時のことを考えたら大いに不安にさせられます。主人とは教育費のことで時々話し合っていますが、なかなか明案が浮かばない状況です。

いっそのこと子供が高校生に進学したら新聞配達でもしてお金を作ると言っていますが、どうなることかわかりません。いざとなったら私の父に泣きついて援助してもらえるように頭を下げることも考えています。幸い息子達もおじいちゃんに懐いているので、かなり可愛がってくれています。父は現金は持っていないのですが、田舎に先祖代代の土地を持っており、一つを処分すれば大学の学費くらいにはなるでしょう。子供たちが学生ローンを利用するような状況にだけは、してやりたくないものです。

また銀行の教育ローンも調べましたが、審査に通るか全く分かりません。万が一審査に通らなければ、せっかく合格したのに入学できないなんてことになりかねません。やはり情けない話ですが、いざとなったら私の父に出してもらうのが最適です。

高校生の終わり頃から短大生活の頃本当にお金に関して困りました。私は現在30歳なのですが、私たちの時代は生まれたときはバブルの経済がはじけているような時期でしたが、短大生活になってくると就職だけではなくてアルバイトの面接もとても厳しい時代でした。

どうやったら受かるかという情報もインターネットしか参考になるものもなくてお金を貯めて高校生活の終わりに行けなかった自動車学校や20歳の成人式の着物や短大生の卒業式の袴についてのお金はどうしようかと考えました。自動車学校の分は免許ローンを組みましたけどね。少しだけ足りないのではなくて自分の手持ち貯金がほとんどありませんでした。ちょうどその頃、前のWindows XPを使っていたパソコンが本当に壊れてしまいパソコンも買おうかと考えていました。

こんなにあっては私の欲望のことも親に言えずにやはり自力で何とかしました。よくよく考えてみると子供の頃に貯めたお年玉の貯金は親が貯めておいてくれたため、そのお金を私の欲しいもの全てに使いました。自動車学校や着物や袴は全て私が自分の銀行のお金で出しました。パソコンを買うときに少々お金が足りなかったので数万円親に出してもらいました。かなりお金を使いましたが、全ての希望がかないました。

やはり困ったときにはお金を貯めておく方がいいと思います。もちろん銀行だけではなくて自分の貯金箱にも少しお金を貯めておいた方がいいと思います。1円玉も積み重なれば、いずれ必要になってくる時代もやってくると思います。私も貯金生活を地道にやったおかげで助かりました。

短大生活の頃、彼氏と携帯電話でやりとりしたのでお金がかなりかかりました。しかしそのときも貯金箱に数万円小銭で貯めていたので自分で支払うときもありました。

貯金で困難を逃れて今も新しいお金の困難がやってきているのですが、やはり貯金するにはこしたことがないと思いました。あるとき自分が必ずお金が必要になってくるものだと思いました。

保険未加入時に車をぶつけた!そのとき、、、まず頭に浮かんだのが「一体いくらかかるのか~!!?」。バイクローンを組んで買ったバイクちゃんが壊れて、新しく買ったばかりの私の車。まぁ、人が乗っていない車(停車中の車)にぶつけているので、人の命や身体への心配はなかったものの、それでも、自分の車以外に2台にぶつける大惨事。

自分の車前後に大きなへこみ、ぶつけた車1台は片側面全部に傷とへこみ、もう1台は側面ドアにへこみ。結果、総額25万ほどで、もちろん即座に保険に入ったので+5万という出費になりました。

ただ、初事項だったため、本当に一体いくらくらいかかるのか見当もつかずびびりました。「もし総額(3台分)で100万超えたら…200万超えたら…?」と、頭の中を一瞬にして割といろいろな選択肢が浮かびました。

実際の結果は、総額30万程の出費になったので自分の貯金から出しました。少し高いけど、まさしく「勉強代(車ぶつけた相手には本当にご迷惑おかけしましたが)」であって、今後の人生考えればいろいろと学びを得た出費でした。でもこれ、30万だったからですね。じゃぁ、もし100万だったら?想定としての選択は、「自分の貯金+親へ相談」が入ります。

じゃぁもし200万だったら?「逆に100%親頼み」になります。というのも、親に借用書で借りるイメージです。心配はかけたくないけど、200万くらいともしなると、自分で何か手をうつよりも、しっかり説明して親かた借りるほうが結果は親も心配が少ないかな?と感じます。

そして、この30万の出費で気付いた(というより、実感した!)のは、年の割にはだーいぶ遅い気付きなのですが…「お金はこういうときのためにある」ということでした。今まで、貯金はしたほうが良いというのはわかっていても、なかなか貯める気になれずにいましたが、いつからか、給料もあがり、特に目的もなく少しづつは貯めれるようになっていました。

結果、その貯金に完全に助けられたわけです。本当に、「貯金とは、こういうときのため」つまりは、お金があれば解決できる問題に遭遇したときに役立つのだと知りました。