脱毛クリームで男性の剛毛は脱毛できるのか?

髭は、男性ホルモンの影響を強く受けます。お悩みの男性は多いです。脱毛をしたいとお考えの方も中にはいることでしょう。

本格的にメンズ脱毛をしようとして、エステやクリニック、脱毛器を使用するとなるとお金がかかりますし、かといってシェーバーや毛抜きでは、また新しい毛が生えてきて全然効果が表れないですよね。

お手軽に、かつ、毛を確かに取り除きたいというワガママを叶えてくれる方法が、脱毛クリームを使うことです。 一般的には、ショップやサイトなどで脱毛クリームや除毛クリームといった2種類の名称があります。紛らわしいかもしれませんが、実はどちらも効き目としては同じなのです。

こうした脱毛・除毛クリームですが、チオグリコール酸カルシウムと呼ばれるアルカリ性の成分で、肌表面にある毛を溶かすことで取り除きます。脱毛・除毛クリームの中には水酸化カルシウムなどといったアルカリ剤を配合して、チオグリコール酸カルシウムがより強く働くようにしているものもあります。

脱毛クリームを塗ることで、肌表面のむだ毛を溶かしてなくすため、ごっそりと生えていた剛毛がなくなって、肌がつるつるになるなどの効果が期待できます。しかし、効果が及ぶのは表面だけです。実際には毛根にはクリームの成分が作用しないため、脱毛という名前が入っていても、脱毛ではなく除毛であるという認識が強いです。

では、シェーバーなどを使って剃る除毛との違いは何でしょうか。脱毛・除毛クリームの場合、タンパク質を溶かすため、次に毛が生えてくるまでの時間が長くなり、除毛としての効果が期待できます。

ですが、毛だけではなく肌にもタンパク質はあります。なので、ヒリヒリとしたりして、肌トラブルが起きてしまう可能性もあります。 また、身体の表面に生え出ているむだ毛の割合は20%程度、多くても30%程度です。レーザー照射などはむだ毛の毛乳頭に効果が及び、脱毛の期待ができますが、クリームの場合は溶かすだけですので、実際には除毛しただけです。また新たなむだ毛が生えてきます。

実際に、脱毛クリームの持続時間は3日から5日程度です。 自宅で簡単に行える、お金もかからない、剃るよりも効果が長い、手軽である、これらが脱毛クリームの良さになります。ですが、長期的に見ると脱毛の効果はないため、脱毛を目指している場合には根本的な解決になりません。

だからやっぱりヒゲ脱毛に行くのが一番おすすめです。私は長野市内で髭脱もができるクリニックを探してるんですが、このサイト(※ヒゲ脱毛長野)で紹介されているクリニックだと意外と安いので無理せず通えそう!永久脱毛するのが手っ取り早いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です